2007年10月11日

雨に唄えば

singinintherain

オズに続いてBSで放送してたので。
'52のミュージカル映画の代表作です。
主演のジーン・ケリーの歌・ダンス・笑顔を堪能できます。
この人の笑顔は白く輝く歯をキラッと見せる
絵に描いたようなアメリカンスマイル。
ずっと観てると疲れるかもしれませんがステキです。
僕はどっちかといえば相方コズモ役の
ドナルド・オコナーがいろんな意味で好きです。
親友の成功を影で支え光が当たらなくても文句言わない。
自分もものすごい芸達者なのに。
サウイフモノニワタシハナリタイ。
この二人のタップシーンは拍手したくなっちゃいます。

そしてキャシー役のデビー・レイノルズがこれまたヵヮィィ。
ラストシーンはキャシーに思わずもらい泣きしてしまった。
この人と初代旦那のエディ・フィッシャーの間に生まれた娘が
スターウォーズのレイア姫役ですっかりおなじみ
キャリー・フィッシャーだったりします。

まぁこの映画は主題歌「雨に唄えば」のためにあるようなもの。
このシーンは楽しくて大好きです。
雨の日に外出するときはぜひこの歌を鼻ずさみながら。

posted by まさ☆SR at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
人気商品

Seesaaショッピング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。