2007年10月11日

オズの魔法使

thewizardofoz

BSでやってました。
'39のミュージカル映画です。

竜巻に巻き込まれてオズの国に飛ばされてしまった
ドロシーと犬のトトが脳ミソのないカカシ、
心のないブリキのきこり、勇気のないライオンと
出会いながら黄色いレンガの道をたどって
故郷のカンザスを目指す。
黄色いレンガの道の先には偉大な魔法使いオズのいる
エメラルドの都が!

もう涙が出るほど素敵すぎるおはなしです。
最初のセピア色なカンザスのシーンから
オズの国にたどり着いた瞬間総天然色に変わるあたり
何度観てもステキな展開です。
そして主演のジュディガーランドがかわいい。
トトはその10倍くらいかわいい。

そして主題歌になっている「虹の彼方に」。
この映画観たことない人でもこの歌は知ってるはず。
これがもういい歌過ぎてほかの曲がかすんでしまいます。
カバーしたアーティストは100人を超えるとか。

ということで感動をもう一度・・・



(ノ_・、) ホロリ
posted by まさ☆SR at 10:13| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、やっくんと申します。
私も初めて観ました『オズの魔法使』素晴らしかったですね!
70年前の作品とは思えないクォリティです。
「オーバー・ザ・レインボー」名曲です。
良かったら、こちらにもお越し下さい。
Posted by やっくん at 2007年10月16日 18:23
はじめましてっ
そして訪問&コメ&TBありがとうございます〜

これはほんとに'39の映画でいいのか
少し怪しくなっちゃうくらいですね。
ドロシーが虹の彼方にを歌いだした瞬間は
鳥肌たっちゃいました。

最初がセピア一色だったので、
「あれ?これカラーじゃないんだっけ?」でしたが
オズの国のドアを開けた瞬間の演出がすごい!
こういう作品をみると、映画に予算とか
特殊技術ってあんまり関係ないんだな〜とか思っちゃいますね・・
Posted by まさ at 2007年10月16日 23:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「オズの魔法使」
Excerpt: アメリカの童話作家、ライマン・フランク・ボームの原作を基に、当時は珍し いテクニカラーを使って子供から大人まで楽しめる映画を作りました。監督 は、この後に名作「風と共に去りぬ」を撮ることになるヴィ..
Weblog: やっくんのお部屋
Tracked: 2007-10-16 18:24
人気商品

Seesaaショッピング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。